助成金について

厚生労働省「人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金)」について

人材開発支援助成金は、事業主等に対して雇用する労働者のキャリア形成を効果的に促進するため、職務に関連した専門的な知識及び技能の普及に対して、訓練経費や訓練中の賃金の一部を助成する制度です。企業の人材育成と労働者のキャリア形成のために、是非ご活用ください。

主な助成の条件

①雇用保険適用事業所の事業主であること
②事前に申請をしていること(職業能力開発計画など)
③職業能力開発推進者を選任していること
④計画届の提出日の6か月前から支給申請書の提出日までの間に、従業員を事業主都合により解雇していないこと
⑤訓練期間中も所定労働時間労働した場合に支払う通常の賃金の額を支払っていること
⑥支給対象経費を事業主が全額負担していること
⑦訓練終了後に支給申請書を提出すること

※詳しくは、厚生労働省ホームページ(人材開発支援助成金)をご覧ください。
注:平成29年4月1日からキャリア形成促進助成金は人材開発支援助成金と名前が変更となりました。
※業種・事業規模・生産性によって、受給額や条件が変わる場合があるので、必ずご確認ください。